連絡すること

工事で必要な足場をレンタルするメリットでは保管ペースがいらず、そして何より足場を持っていなかったとしても使用することが可能なことにあります。
足場は保管に場所をどうしても取ってしまい、そして購入時にかかる初期費用も大きいのです。
気軽にレンタルで用意が出来るのは良いのですが、工事直前での連絡では足場を用意することはとても困難です。
そのために工事を行うよりも早めに連絡する必要があります。
事前に連絡をもらうことが出来る事によって、工事現場に必要な足場をミスする事無く用意することができるのです。
足場はとても1つ1つの機材が大きいです。だからこそレンタルを行うにしてもすぐに用意することは難しいのです。
更に工事現場に必要な数を把握する必要も出てくるために、工事よりも数日前には連絡を行う必要があるのです。

レンタルを行う際には手続きが必要となってきます。
この手続には、足場をレンタルしてくれる企業に、工事現場の図面を見せる必要があります。
しっかりと図面を確認しなければ、必要となる足場を作るために必要な機材の数を計算することが出来ないからです。
そのために立面図以外にも様々な図面を用意する必要があります。
しっかりと図面を確認することによって、安全性の高い足場を用意することができるのです。
レンタルを何度も行う際にはこのやり取りが多くなるため、足場をよく必要とするのならば購入を考えても良いかもしれません。